インターンシップ 事業再構築補助金 定期訪問

長尾は午前中に事業再構築補助金のヒアリングのため、㮈本と大阪の事業者様を訪問しました。㮈本は午前中のヒアリングの前に、同じく事業再構築補助金を検討されている事業者様に対して、在宅ワークを実施している木戸と事業者様をつなぎ、Zoomでの打ち合わせを行いました。午後からは、長尾と松野は顧問先様への訪問を行い、社内の人員配置をはじめ今後の社内の情報管理方法や報告方法などを検討し、新年度から新たな体制で取り組めるよう事業者様と打ち合わせを行いました。杉原は終日オフィスで、未経験者や新卒入社の方が円滑に仕事を取り組めるように教育カリキュラムの原案を作成しました。また、本日は当社の大学インターンである垣口が、初めて事業再構築補助金のヒアリングに同席しました。複雑な事業内容ではありましたが、身近に感じられる部分もあり大学の授業では学ぶことのない話を事業者様から伺うことができました。当社では、学生インターンの受け入れも積極的に実施し事業者様とお話しする中で、現在の社会状況や中小企業が抱える課題などについて触れることや考える機会を設けています。

定期訪問 経営改善計画 資本性劣後ローン

長尾は4件のアポイントがありました。午前は支援先様とメイン金融機関を交えて再生案件の出口戦略について深掘りした議論を行いました。DDSと資本性劣後ローンを盛り込んだ計画書を作成していきます。
その後事業再構築補助金のZOOMヒアリングを実施し、午後からは和歌山で顧問先様の定例訪問と405事業のモニタリングでした。
松野は自社の前月分の試算表作成、インターン生への課題のフィードバックのとりまとめ、および現在行っている採用活動についてメッセージ原稿の作成や応募者様への連絡を行いました。
木戸・㮈本・杉原・橋本・秋定は、自社の人事考課に使用する評価シート案について会議を実施。「成果」「重要業務」「知識・技術」「勤務・態度」という4つの観点において、それぞれどのような評価項目を記載するべきかを議論しました。

専門家派遣事業 経営改善計画

代表の長尾は405事業(経営改善計画策定支援事業)でご支援させていただいている企業様の資料作成を行いました。
経営改善計画策定支援事業の実績はこちら
 木戸は専門家派遣でご支援させていただいている企業様の支援報告を保証協会様及びメイン行様に行いました。
ご支援内容を大変、満足していただくことが出来、来年度も引き続きご支援いただきたいとお褒めの言葉をいただくことが出来ました。
専門家派遣事業の実績はこちら

ものづくり補助金 事業再構築補助金 専門家派遣事業 経営顧問

長尾は、午前は専門家派遣でご依頼頂いた和歌山県の事業者様へご訪問させていただき、松野はZOOMで参加させていただきました。今回は、➀命令一元化の原則、スパンオブコントロール②会社目標③採用・収益アップ・ブランド力の強化についてお打ち合わせさせていただきました。午後は、顧問先様へご訪問させていただき、経営改善計画支援事業を行うにあたりヒアリングを行いました。今後1~2か月に亘って計画書を作成する予定です。
木戸と杉原は、滋賀県の事業者様と事業再構築補助金5次締切のお打ち合わせをZOOMで行わせていただきました。第5回公募の締切は2022年3月24日ですが、すでにお問い合わせを頂いている事業者様から順次お打ち合わせを進めております。事業再構築補助金についてのご相談は、こちらのページより承っております。
㮈本と秋定は、2月8日(火)が締切りのものづくり補助金9次の電子申請を行いました。なお、9次締切の採択発表は3月末を予定しております。

専門家派遣事業 経営顧問 資金調達

木戸は、午後からは2件のアポイントがありました。1件目は、金融機関の方にご来社いただき、顧問先様の資金調達についてお話させていただきました。2件目は、大阪市の顧問先様の定例訪問で主に営業所別の売上の確認と2月以降の売上見込みを中心に事業者様と議論しました。
橋本は、ものづくり補助金の事業計画書の最終確認と事業者様に提出する納品資料の準備、顧問先様のBS計画の作成を行いました。
事務員の松野は、総務・経理業務と専門家派遣事業でご支援している支援先様の組織図・ビジネスモデル俯瞰図の作成、採用に関する業務などを中心に行いました。

ものづくり補助金 事業再生 経営方針

本日は、代表の長尾・木戸・松野が中心となり昨年から進めている、当社の就業規則や社内ルールについて社会保険労務士の先生とお打ち合わせを行いました。人員が増えてきたこともあり、社内の規定や規則さらには細かな手続きの方法など、会社が大きくなるために必要不可欠な社内体制や事務に関する指導を受けました。㮈本と秋定は終日オフィスで、ものづくり補助金の事業計画の最終修正やお客様に納品する資料の準備を行い、午後から405事業を利用する際の手続きや資料について長尾から指導を受けました。また、在宅ワークの杉原はものづくり補助金の事業計画書の作成や資料確認を行い、同じく在宅ワークを実施している橋本は、当社が今後事業者様に対して行う予定である新サービスの外部環境や市場分析を行いました。新サービスについては、準備が整いましたらHPサイトや活動日誌などでご紹介させていただく予定です。

事業再構築補助金 定期訪問 経営顧問

代表の長尾は午前中に顧問先様の定期訪問があり、経営改善計画の方向性について、経営者様と顧問税理士の方を交えて議論しました。
木戸は事業再構築補助金第5回公募での申請を検討されている事業者様2社とお打ち合わせを行い、頂いた資料を拝見しながら要件の確認などを行いました。第5回公募の締切は2022年3月24日ですが、すでにお問い合わせを頂いている事業者様から順次お打ち合わせを進めております。事業再構築補助金についてのご相談は、こちらのページより承っております。詳しくはこちらから

事業再生 経営方針 経営顧問

本日、代表の長尾は405事業(経営改善計画策定支援事業)でお世話になっておりますメイン行様と現在、ご支援させていただいている企業様についての打ち合わせを行いました。主に、今後の改善計画の方向性や金融支援の内容について打ち合わせを行いました。
経営改善計画支援事業の実績はこちら
木戸は顧問先様と経営計画についての打ち合わせを行いました。当社では経営計画について企業様にご理解、ご納得いただいた上でビジネスパートナーとしてご支援させていただいております。
当社のご支援内容はこちら

ものづくり補助金 事業再構築補助金 専門家派遣事業

代表の長尾は、午前中は専門家派遣でご依頼頂いた和歌山県の事業者様へご訪問させていただき、松野はZOOMで参加させていただきました。損益計画、財産計画、現状と理想のギャップとアクションプランについてお打ち合わせさせていただきました。弊社では先生としてではなく、パートナーとして共に問題を解決するというお客様と同じ目線をもってご支援させていただいております。
木戸と秋定は、事業再構築補助金でご支援させていただく事業者様、ご紹介頂いたシステム会社様とZOOMにてヒアリングを行いました。ゴルフ関連でのシステム導入による再構築を予定されておりました。事業再構築補助金で弊社が過去にご支援させてい頂いた実績はこちらをご覧ください。
㮈本と杉原は、午後はものづくり補助金のお打ち合わせをZOOMにて行いました。補助金と助成金の違いやものづくり補助金の留意点をご説明させていただいてから、事業内容や設備投資内容などをヒアリングさせていただきました。

経営改善計画 経営顧問 資金繰り

木戸は、午後から大阪府の顧問先様の訪問で、主に4つの項目について事業者様と議論しました。
①中堅・中小・小規模事業者向けの支援金の共有、②営業所別月次予算と実績の確認、③2、3カ月先の売上の見通し、④適切なコスト把握のための販管費の詳細の確認を行いました。
杉原は、午前に顧問先様の経営顧問があり、前半は、月次試算表・現状把握と仕入れや支払状況を確認した資金繰りについてでした。以前より利益率が改善(赤字脱却)しているため、固定費用削減等の取組みの方向性が間違っていないこと、外注と内製のバランスの取り方について議論しました。
後半は、ホームページ制作と経営改善計画策定支援事業(405事業)についてでした。先日、採択されました小規模事業者持続化補助金に係るホームページ制作についてのヒアリングで、掲載する情報や会社のコーポレートカラーの検討、PRしたい自社の強みなどをお伺いしました。経営改善計画策定支援事業では、5年後の売上目標や個人借入の返済状況についてヒアリングしました。今回お伺いした内容を反映させ、次回のご支援日までに完成させる予定です。