本日は終日、和歌山県でのアポイントでした。1年ほど前に「和歌山連携サポート」という和歌山県信用保証協会の制度でご支援させて頂いた企業の経営者様からご連絡を頂き、改めて経営改善支援をさせて頂く形になりました。本日は取引金融機関を訪問し、担当者と支援の方向性について打ち合わせ。今回の案件はスピードが求められますので、今年中に完了させます。

本日は顧問先の運送業の企業様訪問。管理部門は20代の若手社員が中心となって働いておられ、複数の少人数活動に取り組まれています。社員の方々の力が十分に発揮できる環境を整えることが上級職の仕事でもあります。ここでいう環境は、物理的な環境だけでなく心理的な環境も含みます。適切なアドバイスや指導を織り交ぜながら、主体性を持って取り組んでいけるよう、われわれも外部専門家として支援を行っています。

本日は顧問先の企業様2社のご訪問でした。午後に伺った企業様は、時期後継者である若手社員の方が一生懸命売上アップに取り組んでいます。ほとんど現場に入っているため、私たちが伺った際には、経営者として必要となる知識やノウハウ、自社の経営状況の把握などに時間をかけて支援させて頂いております。前向きに、ひたむきに頑張っている方を見ると、私たちもモチベーションが上がりますね。

本日は終日、和歌山県でのアポイントでした。最近新しくご支援させて頂いている企業様は、偶然にもアパレルのセレクトショップ、被服製造、生地卸、と「衣服」に関わる業種が続いています。業界全体を見ても、ファストファッションの台頭はさることながら、衣料品にかける消費額はかつてに比べて大幅に減少しています。衰退産業の中で生き残るための戦略をとるか、業態変更や大幅な経営方針の転換を行うか、経営者様とのお打ち合わせを重ねていきます。

本日は午後から京都府へ。老舗料亭の経営改善支援に伺いました。本日はモニタリング訪問でしたので、経営改善計画の進捗確認や近況のヒアリング、経営改善のアドバイスを行いました。座席数は数百席以上あり非常に大きな料亭ですが、経営者をはじめ従業員の方々の心遣いが素晴らしいお店です。まだ経営改善も序盤ですので、引き続き支援に尽力致します。

11月はなぜかあっという間に経過しているように感じます。残り1週間ですね。本日は北摂でサービス業を経営されている企業様の定期訪問でした。複数店舗を展開されており、各店舗の店長会議に同席させて頂いておりますが、長年ご支援させて頂いているため、新店長に代わることもしばしば。若い方が成長されているのを見るのはとても嬉しいです。

当社は社内でBSCという経営管理手法を用いて目標管理を行っています。売上や利益だけでなく様々な行動目標も設定していますが、その一つにセミナー受講や資格取得項目もあります。本日は従業員がスキルアップのための説明会に行きました。今期も残り2か月となりますが、最後まで駆け抜けたいと思います。

本日は終日社内での業務となりました。月末~月初にかけて支援先訪問が続くため、訪問前の資料準備や新たな事業についての準備にじっくりと取り組みました。当社自身も小規模事業者ですので、従業員全員で雑務や事務作業にも取り組んでいます。会社のすべての業務に関わることが出来るのは、小さな企業ならではの魅力だと感じます。

本日は代表が高知で経営改善策定支援事業の案件、コンサルタントの住吉が大阪で顧問先企業の定期訪問を行いました。いずれの経営者様も、ご自身がプレーヤーとして働かれている中で経営改善に必死に取り組んでおられます。日々多くの企業様を訪問していますが、経営者・幹部の皆様の温度感は各社によって全く異なります。スピード感を持ち、率先して経営改善に取り組んでいる企業様と残念ながらそうでない企業様ではやはり雲泥の差があります。

本日は従業員全員で健康診断へ行ってきました。毎年2回必ず受診しています。本当は9月中に受診する予定でしたが、台風の影響によって延期となり、本日となりました。来週は高知県への出張などアポイントが重なりますので、健康第一で精進してまいります。