本日は和歌山県の専門家派遣事業の案件で、和歌山市内で飲食店を営まれている企業様を訪問しました。外部環境は決して良いとは言えない中で、経営者自らが積極的に色々な仕掛け作りを行われていました。初回はヒアリングを中心に、次回以降は専門家として客観的な立場でアドバイスをさせて頂きます。企業訪問をしていると、外部環境の悪化を言い訳にマイナスなことばかりおっしゃる方も実際は少なくありません。前向きに、果敢にチャレンジされている経営者の方とお話させて頂くのは非常に楽しく感じます。

本日は大阪市内~西宮へ2件のアポイントがありました。当社がご支援させて頂いているお客様の中では非常に近いエリアです。いずれの企業様も売上規模が10億を超えており、経営者様が良い意味で「細かい」と言えます。金額が小さな費用ひとつにとっても厳しくチェックし、ひとりひとりの社員へフィードバックしています。当たり前のことですが、中小企業でこれらを徹底している企業は決して多くありません。

本日は午前中に1件の訪問、午後に1件の来社というスケジュールでした。来社された方は当社と同じく認定支援機関である税理士の先生です。認定支援機関の業務や日々の活動等、情報交換を行いました。様々な分野の専門家の方との情報交換やコミュニケーションを取る機会はあまり多くありませんので、有意義な時間を過ごさせて頂きました。

本日は仙台へ出張です。2~3か月に1度は必ず訪問しています。仙台空港でトーヨータイヤのキャラクターを見かけました。思わず写真撮影。当社の公式Twitterで掲載していますのでぜひお手すきの際にご覧ください。

本日は4件のアポイント。朝9時の訪問から、最後の訪問終了は21時という長丁場でした。なかなか机に座ってじっくりと考える時間が取れないため、来月からはNoアポイントデーを意識的に作るようにしました。我々の仕事は訪問中よりも訪問後の方が膨大な業務量となります。意識しなければ時間は確保できませんね。

本日はとあるメーカー様をご訪問しました。4月末までが公募期間だった「ものづくり補助金」の申請支援において、お客様をご紹介を頂き、申請書作成時も多大なご協力を頂いた企業様です。まだ採択結果は出ていませんが、お礼とご挨拶をかねてご訪問しました。

本日はお客様先の新入社員・若手社員に向けて2時間の研修を行いました。メールやビジネス文書、資料作成等がテーマです。中小零細企業であっても、会社として1つの型を持っておくべきです。人によって体裁や署名、形式が異なっているのは好ましくありません。当社もメール署名はもちろん、ファイル名、保管方法等を統一しています。

本日はお客様の全社会議に参加させて頂きました。3月決算を終え、1年間の結果の振り返りと今期の方針発表を行いました。いくら計画を立てても、立てっぱなし、作成しっぱなしでは本当に意味がありません。継続して実行するための仕組みづくりは必要不可欠です。厳しい内容の話も致しましたが、社員の皆様にとって良い機会となって頂けることを願います。

本日は和歌山県保証協会様の「専門家派遣事業」によるご支援で、市内で障がい者就労支援施設を運営されている企業様を伺いました。自治体の細かな規制が多く、特殊なビジネスモデルです。2か月程で計5回の訪問を行い、事業者様へのヒアリングとアドバイスを行っていきます。

本日は大阪市内にて、11行の金融機関様とバンクミーティングを行いました。支援先企業の社長・管理職の方々、顧問税理士の方、当社も含めると20名程です。経営状況が異なるグループ4社の抜本的な再生スキームのため、やはり一筋縄ではいきません。まずは今後の大きなアウトラインを示し、金融機関の皆様にも方向性を把握頂いた上で、まずは暫定的に元本返済の据え置き期間を設け再生に着手していきます。