• リスケジュール
  • 経営改善計画策定支援事業

大阪府 仏壇仏具製造販売業の企業様

企業規模
売上18億円 借入12.6億円
ご相談内容
リスケジュール中であり、取引金融機関から早急に経営改善計画を作成するように要望されている。
支援内容
同社は仏壇仏具の製造販売業者であり、当社HPからお問い合わせをいただき、ご支援させていただきました。急激な店舗拡大や在庫の増加、新型コロナウイルス感染症による影響などにより、大幅な業績低下や資金繰りの悪化により既にリスケジュールを行っていました。
当社へご相談があったタイミングでは既に取引金融機関からは早急な経営改善計画の作成を要望されており、早急に経営改善計画策定支援事業の利用申請手続きを行い、計画策定に着手しました。
経営改善計画書は代表者と当社の少人数であれば、効率的で短期間での作成が可能なのですが、せっかく時間をかけて計画を作るので、他の役員や後継者なども交え、毎回10名弱のメンバーで打ち合わせを行いました。
メンバーが多くなると意見がまとまりにくくなり、時間もかかるのですが、経営改善計画の作成過程や金融機関との交渉過程などを通して、経営を見直すきっかけや後継者の方に現状をしっかりと見つめていただくきっかけにし、本気で経営改善に取り組んでいただきたいとの思いから、あえて遠回りに見えるやり方をしています。
経営者や役員、後継者の方々の協力もあり、当初の予定よりも約1か月早く、バンクミーティングを開催することができました。今後は3カ月に1回のモニタリングを通して、計画の進捗確認や実行支援を行っていきます。
  • リスケジュール
  • 経営改善計画策定支援事業

大阪府 運送業の企業様

企業規模
売上1.9億円 借入1.9億円
ご相談内容
売上減少、大幅な赤字計上により、返済財源を確保できず資金繰りが切迫している。
支援内容
同社は関西エリアを中心とした一般貨物運送業者で、顧問先様からご紹介によりご支援させていただきました。
慢性的な下請け体質や新型コロナの影響により、売上高は大幅に減少し、大幅な損失計上となり、返済財源を全く確保できていない状況でした。
資金繰りは非常に切迫しており、返済を続いていると数か月後には資金ショートを起こす状態でした。相談を受けてから直ぐにメイン行など全ての取引金融機関へリスケジュールを打診し、資金繰り表や試算表などを用いて、粘り強く交渉し、4月返済分から元金返済をストップできました。
今後は経営改善計画策定支援事業を活用し、経営改善計画の策定支援を行う方針です。
  • リスケジュール
  • 財務・資金繰り改善

大阪府 土木工事業の企業様

企業規模
売上3.1億円 借入3.1億円
ご相談内容
新型コロナウイルス感染症の影響で工事代金の回収が遅れ、資金繰りが切迫しているため、短期融資の返済期限を延長したい。
支援内容
同社は、水道工事業者であり、大阪府や大阪市などの公共工事を受注していました。大型工事のため、つなぎ資金を受けていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で工事に遅れが発生し、また、工期が延期となったことで代金回収が遅れ、資金繰りが悪化していました。延期された工期に合わせ、つなぎ融資の返済期限の延長を金融機関へ打診し、資金繰り表や工事概況表などを用いて、粘り強く金融機関と交渉しました。その結果、無事に返済期限の延長が認められ、資金繰りは改善しました。
  • リスケジュール
  • 経営改善計画策定支援事業

兵庫県 食品卸売業の企業様

企業規模
売上1.2億円 借入2.2億円
ご相談内容
長期的に売上高が減少し、収益力も低下しているため、返済が重く、資金繰りが厳しい
支援内容
長期的に売上高が減少しており、直近決算では大幅な損失計上となっている。また、年商に対して有利子負債が過大であるため、返済能力を大幅に超過した毎月の返済が重く、資金繰りが切迫していました。
月末の支払いも厳しい状況であったため、経営改善計画書の策定に先行して、一時的に元金返済をストップしました。経営改善計画策定支援事業(405事業)を活用して経営改善計画書を策定し、バンクミーティングにて金融機関の同意を得て、金融支援を受けながら、経営改善に取り組んでいます。
今後は毎月の試算表作成による速やかな業績把握や現場リーダーを巻き込んだアクションプランで経営改善に取り組んでいきます。
  • リスケジュール
  • 経営改善計画策定支援事業

和歌山県 板金加工業の企業様

企業規模
売上1.8億円 借入2.1億円
ご相談内容
売上増加傾向にあるが、借入返済が重く、資金繰り悪化している。
支援内容
売上高が増加しているが、十分な利益確保もできていないことから、返済能力を大幅に超過した返済を毎月行っていました。
資金繰りが切迫していたため、経営改善計画書の策定に先行して、一時的に元金返済をストップしました。経営改善計画策定支援事業(405事業)を活用して経営改善計画書を策定し、バンクミーティングにて金融機関の同意を得て、金融支援を受けながら、経営改善に取り組んでいます。
今後は計画書を実行するために工場長や現場リーダーなども巻き込みながら、支援を継続していきます。
  • リスケジュール
  • 経営改善計画策定支援事業

和歌山県 木材加工業の企業様

企業規模
売上3.4億円 借入1.9億円
ご相談内容
売上減少傾向にあり、収益状況も厳しいことから借入金返済が重く、資金繰りが悪化している。
支援内容
売上高が減少し、十分な利益確保もできていないことから、返済能力を大幅に超過した返済を毎月行っていました。資金繰りが切迫していたため、経営改善計画書の策定に先行して、一時的に元金返済をストップしました。
経営改善計画策定支援事業(405事業)を活用して経営改善計画書を策定し、バンクミーティングにて金融機関の同意を得られたので、金融支援を受けながら、経営改善に取り組んでいます。今後は計画書を実行するために幹部社員、現場リーダーなども巻き込みながら、支援を継続していきます。
  • リスケジュール
  • 経営改善計画策定支援事業
  • 資金調達

和歌山県 アパレル業の企業様

企業規模
売上:8,000万円 借入:5,000万円
ご相談内容
新型コロナの影響で売上が激減しており、資金調達を行いたい。
支援内容
経営改善計画策定支援事業を活用しながら当社が支援している企業様で、既にリスケジュールをしている状況です。一般的にはリスケジュールをしている状態で新規の資金調達は非常に難しいのですが計画を策定していることや当社のような認定支援機関が常時サポートしている事を金融機関や保証協会に評価され、1,000万円の融資を受けることができました。経営改善計画や専門家のサポートの有無が大きく影響した案件かと思います。
  • リスケジュール

兵庫県 食品卸売業の企業様

企業規模
売上1.2憶円 借入2.5億円
ご相談内容
連続して売上減少しているところに新型コロナの影響で急激な業況、資金繰り悪化となっている。
支援内容
年商に対して有利子負債が多く、返済能力を大幅に超過した返済を毎月行っていました。
資金繰りが切迫していたため、経営改善計画書を策定し、取引金融機関の同意を得るまで待てる状況ではなかったため、事後での計画策定を条件に、一時的に元金返済をストップしました。半年間は利息の支払いのみなので、今は資金繰りが安定しています。
今後は経営改善計画策定支援事業を活用して、経営改善計画書を策定し、バンクミーティングにて金融機関の同意を得たうえで、同社の業績改善に向けて継続支援していきます。
  • リスケジュール

和歌山県 板金加工業の企業様

企業規模
売上1.8憶円 借入2億円
ご相談内容
年商規模を超える設備投資により、収益状況や資金繰りが悪化していたところに新型コロナの影響で業績低迷、資金繰りが切迫している。
支援内容
現代表者は事業承継したばかりであるが、前代表者時代の過剰な設備投資など放漫経営の影響で、資金繰りが非常に切迫していました。
相談を受けた時点で、既に月内の支払いがショートする可能性があったので、即日メイン銀行に対して借入金の返済をストップするよう要請しました。翌日には残りの金融機関に対しても同様の要請を行い、同月から半年間の元金据置していただけました。
新型コロナの影響で今後の売上見通しは不透明ではありますが、経営改善計画策定支援事業を活用して、経営改善計画を策定し、バンクミーティングにて金融機関の同意を得たうえで、支援を継続していきます。
  • リスケジュール
  • 経営改善計画策定支援事業
  • 財務・資金繰り改善

和歌山県 子供服販売業の企業様

企業規模
年商:1億 有利子負債:5千万円
ご相談内容
県内の人口減少やファストファッションの台頭、ネット販売の対応に遅れたなどの要因で経営状況が悪化。
資金調達を申し込んだが慢性的な営業赤字で融資を断られたため、元本返済の据え置きを依頼したい。
支援内容
約2年前に和歌山県信用保証協会の「専門家派遣事業」制度により、外部専門家として5回の企業訪問・経営支援を実施しました。
その後、急激に資金繰りが悪化し、弊社に経営改善を依頼されました。
経営改善計画策定支援事業を活用し、社長と取締役の長男の二人と協力し経営改善計画を作成しました。
バンクミーティング(保証協会主催のサポート会議)を開催し、計画の説明を行いました。
その結果2年間の返済猶予期間をいただきました。
その間に固定費の削減、不採算店舗の撤退、ネット販売、新ブランドの開拓と経営改善を進めていきます。
子供服業界を取り巻く環境は厳しいですが、事業規模がそこまで大きくないので3か年で営業黒字には持っていけるかと思います。
引き続きモニタリングを通じて支援を行っていきます。