経営改善計画 資本性劣後ローン 資金繰り

本日は長尾による経営改善計画策定支援事業(405事業)の勉強会が行われました。
 
コンサルタント職が全員参加し、合実計画と実抜計画の違いや
DDS(資本性劣後ローンへの借換)や暫定リスケジュールなど用語の説明から具体的な計画策定手順の説明など基礎から実務まで幅広く解説を受けました。
 
クロス
SWOT分析やパレート分析など405事業以外の業務にも通ずる知識も多く、非常に学びがありました。

定期訪問 経営改善計画 資本性劣後ローン

長尾は4件のアポイントがありました。午前は支援先様とメイン金融機関を交えて再生案件の出口戦略について深掘りした議論を行いました。DDSと資本性劣後ローンを盛り込んだ計画書を作成していきます。
その後事業再構築補助金のZOOMヒアリングを実施し、午後からは和歌山で顧問先様の定例訪問と405事業のモニタリングでした。
松野は自社の前月分の試算表作成、インターン生への課題のフィードバックのとりまとめ、および現在行っている採用活動についてメッセージ原稿の作成や応募者様への連絡を行いました。
木戸・㮈本・杉原・橋本・秋定は、自社の人事考課に使用する評価シート案について会議を実施。「成果」「重要業務」「知識・技術」「勤務・態度」という4つの観点において、それぞれどのような評価項目を記載するべきかを議論しました。